Recruit

採用情報

先輩インタビュー

大鋸広享Hirotaka Ooga

工事部 工事課 2016年入社

あなたのお仕事は?

一言でいうと施工管理になりますが、具体的には図面を描いたり、現場での指揮監督、仕上がりや出来たモノのチェック、職人さんのための安全関係の書類作成、見積もり等になります。
業務内容では「空調」「衛生」「消火」など設備がそれぞれ分かれて紹介されていますが、設備と名のつくものは全て行います。

藤間工業を選んだ理由

建築系の大学だったのですが、偶然にも学校の説明会で話を聞いたのがきっかけです。
藤間工業で扱っている空調や消化設備等は、建物を作る中でライフラインとなる部分なので、せっかくならそういった重要な部分をやってみたいと思い、この会社を選びました。
もう一つ加えると、自分はアットホームな会社で働きたいと思っていたことも重要な要素でした。

職場の雰囲気は?

職場は若い人が少ないので最初は緊張しましたが、それ故会社は若い人を育てていこうといった雰囲気なので、色々な場面でしっかりとフォローをして頂けるのはありがたいです。
みなさん気さくに話して頂けるので、とても仕事しやすい環境です。もちろん、厳しい時は厳しいですが(笑)

この仕事の魅力は?

まず、この仕事は建物のライフラインを扱うので、将来的にも需要が途切れないという部分は魅力の一つだと思いますし、その分給与面でも安定していると思います。
次に、この業界の多くは理系出身者を採用する会社が多いのですが、藤間工業では文系出身者も積極的に採用しているというのも魅力だと思います。そして業務の一環として、新人や未経験者のために、会社の人が実際の仕事を教えてくれる「社内講習会」を定期的に開いてもらえるのも、お勧めしたいポイントです。
自分自身がとても成長できる会社だと思います。

工事次長神戸 卓朗Takuro Kanbe

工事部 工事課 1993年入社

あなたのお仕事は?

施工管理が中心ですが、時には営業や小規模な設計も行うこともあります。
その他に、部下に仕事を教えたり相談に乗ったりしています。

藤間工業を選んだ理由

建設関連を何社か受けましたが、その中でも設備に興味が沸いたので、藤間工業を選びました。
22年も前の話ですけど(笑)。
設備(空調や衛生)というのは通常目に見える部分が少なく目立たないものなのですが、人が住んだり、働いたりする環境には欠かせない大切な部分ということで、面白そうだと思いました。

部下を持つ者として気をつけていることは?

部下はかなり歳が離れていますので、こちらの意見を押し付けるのではなく、意見を聞き出すようにしています。部下が間違っていた場合も、ただ注意するのではなく、理由をしっかり説明して正しく理解できるよう心がけています。
若い人が発言しやすい環境になるように、とても気を遣っていますよ(笑)。

この仕事の魅力は?

私たちの仕事は建物が相手になるわけですが、常に新しい建物にチャレンジできるのはとても楽しいです。
先ほども言いましたが、人が住んだり働いたりする環境を支える設備なので、人々の役に立てる仕事だと思います。
また、私を含め長く勤めている者も多い会社なので、働きやすい環境なのは間違いないでしょう(笑)。

このカテゴリのサブメニュー

ページトップ